青汁三昧のケール 大麦若葉の効果

青汁三昧のケール

青汁三昧の原料となっているもののうち、ケールという野菜はさまざまな製品にも用いられており、いわば青汁のベースとなる野菜です。

 

和名ではハゴロモカンランと呼ばれているアブラナ科の野菜で、キャベツの原種ともいわれています。

 

青汁三昧の材料の1つであるケールは、江戸時代にはじめて日本にやってきたのち、明治時代にいくつかの品種が導入されました。

 

ケールという野菜は、日頃あまりなじみがないものであるばかりか、普通に調理してもあまり美味しくありません。

 

このため、八百屋やスーパーで取り扱っているのを見ることはあまりありません。

 

しかし、青汁三昧の原料の1つケールには、ビタミンAやビタミンCが豊富に含まれています。

 

また、緑黄色野菜の中でも豊富なビタミンを含有しています。

 

つまり、青汁三昧を飲めば、通常であれば不足しがちな栄養素を補えると言えます。

 

このため、体の免疫力を高めるのにも有効な役割を果たします。

 

青汁三昧のケールは、中国の雲南省にある昆明(クンミン)の広々とした畑で栽培されたものです。

 

年間を通して温暖である気候、天然の湧き水、ミネラル分を多く含む土壌といった良質の条件は、青汁三昧に使われているケールを美味しくしています。

 

この青汁三昧の原料となるケールについては、雑草や害虫の除去は手作業で行われていて、肥料も有機肥料を施されています。

青汁三昧の大麦若葉

青汁三昧には、大麦若葉が三大原料として含まれています。

 

読んで字のごとく大麦の若葉のことで、20〜30センチまで生育した大麦の若葉を刈り取り、青汁三昧の材料にします。

 

大麦若葉は青汁の原料ですが、これを使うと青汁が美味しくまた飲みやすくなることで知られています。

 

青汁三昧は、大麦若葉を材料にしているため、飲みやすい青汁に仕上がっています。

 

大麦若葉は成長期に収穫するということもあり、他の緑黄色野菜と比べてもビタミンやミネラルなど、様々な栄養素がバランスよく含まれています。

 

ホウレン草に比べると、ビタミンCはおよそ33倍、カロチンはおよそ7倍の含有量を誇る大麦若葉の栄養価はかなりのものです。

 

それだけでなく、ポリフェノールや食物繊維といった成分も、大麦若葉には豊富に入っています。

 

まさに、大麦若葉は青汁三昧に最も適した野菜です。

 

活性酵素の働きを防ぐ抗酸化物質の酵素も大麦若葉には含まれています。

 

大麦若葉が含まれているので、大気汚染やストレスなどで体内の活性酸素が増加している現代人にとって、青汁三昧は有効な食品であると言えます。

 

青汁三昧は、中国の甘粛省蘭州で栽培された大麦若葉を利用して製造されています。

 

緑肥や堆肥についても、無農薬栽培で育てられた自然の植物を使っています。

青汁三昧のゴーヤー

ゴーヤーは、青汁三昧に含まれている三大原料の一つです。

 

ゴーヤーは沖縄ではよく知られている野菜で、最近ではスーパーなどでも扱われるようになりました。

 

青汁三昧に用いられているゴーヤーは、苦瓜とも呼ばれるほど苦い味をしています。

 

ゴーヤーのこの苦み成分は、血液を浄化し血圧を安定させる効果があると、沖縄では昔から言われていました。ビタミンCやカリウムといった成分をたくさん含んでいるため、青汁三昧にふさわしい健康野菜であると言えます。

 

青汁三昧のゴーヤーの果皮にはモモルデシンやチャランチンという成分が入っているために苦みを感じます。

 

ゴーヤーに含まれているこれらの成分は、血糖値やコレステロールを下げる働きをします。

 

青汁三昧の材料の1つであるゴーヤーは、その果実や種子の中に、体の中でガン細胞を攻撃するナチュラルキラー細胞の活性化に役立つ成分を持っています。

 

このため、ガンの進展を防ぐ効果が期待されています。

 

青汁三昧の材料となっているゴーヤーは、中国の安徽省合肥やその他各地で作られています。

 

普通夏に採れる野菜であるゴーヤーを違う季節であっても入手できるように、中国各地でネットワークを組んで栽培しています。

 

そのようにすることで、青汁三昧を作るために一年を通して品質の高いゴーヤーが入手できるように工夫されています。

青汁三昧